HOME  前のページへ戻る

おの ともこ キャリアコーチ キャリアコーチング
30代・40代の働く女性を応援! 自分らしさを活かした、理想のキャリア実現のヒントをお届けします。
心からの笑顔で、仕事も人生も楽しむ方法 キャリアアップ 2016-05-06
「ロールモデル不在」を嘆く、その前に

これからのキャリアの重ね方を考えるうえで、参考になる「ロールモデル」がいない。

仕事だけでなく生き方についても、気軽に相談できる憧れの女性がいたら良いのに・・・・。

キャリア女性から、そんな声をよく聞きます。

 

たしかに、自分にとって理想的な働き方を実現している、絶対的存在が身近にいたら嬉しいですよね。

でも、理想にぴったりな女性上司や先輩がいない・・・と嘆いているだけではもったいない!!

ぜひ、以下のポイントを参考にしてみてください。

 

 

①視野を広げてみる

 

ロールモデルを探す時に、社内を見渡すだけになっていませんか?

1つの会社組織の中だけで見ると、ビジョン・価値観の多様性やその幅は限られてしまうかもしれません。

ですが、ひとたび違う企業・業界・職種に目を向けてみると、様々なキャリアスタイルの女性がいることに気づくはずです。

近年は、会社員だけではなくフリーランスという働き方を選ぶ人も少なくありません。

女性の働き方の選択肢が広がりを見せる今の時代だからこそ、「たった1つの前例」より「多彩な実例」に触れることが重要です!

社外の人脈づくりや、興味関心のある分野のコミュニティに所属するなど、積極的にアクションを起こすのがおすすめです。

実際に会いに行って話を聞くことはもちろん、書籍や雑誌などで様々なキャリア論に触れることも有効ですね。

視野を広げることで、目指す存在が見つかるかもしれない!と肝に銘じておきましょう。

 

 

②「たった一人」を探そうとしない

 

ロールモデルさえいれば、今後のキャリアイメージが湧いて、モチベーション高く仕事ができるはず。

そう思えば思うほど、「たった一人」の完璧な理想像を求めてしまいがちです。

そもそも、ロールモデルが見つかる=夢や希望が持てて、仕事を頑張れる。

というのは、イコールではないはず。

ロールモデル探しが目的にならないよう、注意しましょう。

例えば、視野を広げて様々なキャリア女性と接する中で、どの人のどんなところに惹かれたり憧れるのか?

自分なりに分析してみることが、大切です。

それを繰り返していくうちに、実在の人物でなくとも、自分にとっての理想のキャリアやワークスタイルが見えてくるはずです。

様々な事例からモンタージュを作り上げるように、自分の中のロールモデルをイメージしてみましょう。

 

 

③自分のこだわりを明確にする

 

①・②を通じて理想像が見えてきたら、自分のキャリア形成の中で大切にしたい条件を、言語化してみましょう。

どんなライフスタイルを送りたいのか?

どんな経験を積んで、どんな実績を出したいのか?

どんなポジションや裁量権を手にしたいのか?

仕事をするうえで、何を大切にするのか?

仕事を通じて、どんな人と付き合っていきたいのか?

今後、何を成し遂げていきたいのか?

など・・・。

自分の中で譲れない、キャリアについてのこだわりや絶対基準が明確になると、たとえロールモデルが身近にいなくとも、目指すところが見えてきます。

目指したい未来の自分像に向かって邁進している姿は、人を惹きつけるもの。

ロールモデルを探すよりも、自らが誰かのロールモデルとなれるような自分でいること。

実はそれが、理想のキャリア実現の一番の近道なのかもしれないですね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

上記のように、ロールモデルがいないことを嘆く前に、できることはたくさんあります。

自分らしい理想のキャリア実現に向けて、自分主体で前向きにいきたいものですね!


おの ともこ  心からの笑顔で、仕事も人生も楽しむ方法  コラム一覧>>
キャリアアップ
心のブレーキを外すには
おすすめのコラム
キャリアアップ
自分の人生の見つけ方~アルケミスト②~
関口 暁子
文筆家/エッセイスト
doppo
キャリアアップ
自分の人生の見つけ方~アルケミスト①~
関口 暁子
文筆家/エッセイスト
doppo
キャリアアップ
あなたらしく生きるために~バックの言葉⑫
関口 暁子
文筆家/エッセイスト
doppo
コラムのジャンル一覧