HOME  前のページへ戻る

高橋 多佳子 ピアニスト 所属:ミリオンコンサート協会
音楽とともに歩んでいるピアニスト人生。ポーランドでの留学生活、ショパンコンクールへの挑戦など様々な経験を積み重ねてきました。 失敗も成功もありましたが、それら全てが自分を成長させる糧となっています。 そんな経験から少しでもお役に立てる情報を発信できたらと思っています。
ピアニスト高橋多佳子の前を向いて歩こう ライフスタイル 2015-11-14
強者達の競演〜第17回ショパン国際ピアノ・コンクール

 今年2015年は5年に1度行われる世界最高峰のピアノの祭典、ショパン国際ピアノ・コンクールが開かれる年。私がこのコンクールに出場したのは1990年。その時の様子は本コラム「人生最大のチャレンジ〜ショパンコンクールへの挑戦」で詳しく書きました。その夢舞台の第17回目がショパンの聖地ポーランドの首都ワルシャワで10月3日から、20日間にわたって開催されました。今ではネットのライヴ配信で世界のどこからでも楽しむ事ができますが、私は、実際にワルシャワへ行って2次予選を聴いてきました。会場のフィルハーモニーホールにはたくさんの聴衆が詰めかけていて、普通のコンサート以上の熱気に満ちています。この独特の雰囲気は25年前と全く同じ。懐かしさで心がいっぱいになりました。

 今回のショパンコンクール、まずDVD審査に世界45カ国から445人が応募しました。そこから27カ国160人に絞られ、この4月にワルシャワで予備予選が行われ、そこを勝ち抜いた20カ国78人が晴れて10月の本大会に出場しました。こう考えると10月の本大会に出るだけでももう大変な成功と言えますね。

 私が聴いた2次予選は1次予選を通過した43人で競われます。1人約40分のステージなのですが、これだけの厳しい審査を通過してきたピアニスト達、驚くほどのレヴェルの高さです。もう初日から魅力溢れる演奏の連続で聴いている私はかなり興奮していました。今までコンサートでショパンを数えきれないほど演奏してきて、また様々なショパンを聴いてきていますが、それでも新たな発見だらけなのです。

 そんな刺激的な4日間でしたが、自分のコンサートの都合で2次予選終了後に後ろ髪を引かれる思いで日本に戻り、あとはネット観戦となりました。20人に絞られた3次予選でも熱演の連続でしたが、そこからついにファイナリスト10人が選出されました。

 本選はワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団とのコンチェルトです。3日間にわたる本選、ネット配信は日本時間の深夜から朝方にかけてでしたが、しっかり最後まで見ていました。10人の選ばれしピアニスト達の全てを出し切った演奏の後、ついに歴史あるショパンコンクールの受賞者が決定しました。

 第1位 ソンジン・チョさん(韓国)…わずか15歳で日本の浜松国際コンクールで優勝し、ピアノファンにはもうお馴染みのピアニスト。世界の名だたるコンクールでの受賞歴もありますが、満を持してのショパンコンクール挑戦でした。全ての演奏がこれ以上ないというほどの完璧さ。しかも心に染み入る美しさ。文句無しの第1位です。

 第2位 シャルル・リシャール=アムランさん(カナダ)…誰もが彼のファンになってしまうほどの魅力がありました。聴いていて幸せになれるピアノです。

 第3位 ケイト・リウさん(アメリカ)…指の強さと魅力的なタッチで聴かせる音楽で常に聴衆を惹き付けました。若き女流ピアニストです。

 第4位 エリック・ルーさん(アメリカ)…わずか17歳で達観した音楽を聴かせる大変な逸材です。

 第5位 イーケ・トニー・ヤンさん(カナダ)…更に若い16歳!実に感動的なショパンを聴かせる天才君です。

 第6位 ドミトリー・シシキンさん(ロシア)…クリスタルのような音が印象的。ロシアンスクールで鍛え上げられた見事な演奏を披露しました。

 日本から唯一本選に残った小林愛実さん。入賞を逃してしまったものの、聴衆に大きな感銘を与えてくれました。天才少女と言われていましたが、大変立派なアーティストに成長しました。他にも《音の魔術師》とも言える独特のピアノで常に話題を振りまいたラトヴィアのゲオルギス・オソキンスさん、夢見るような美しいショパンを弾いた地元ポーランドのシモン・ネーリングさん、人間味溢れるピアノで好感の持てたクロアチアのアリオサ・ユリニッチさんといったピアニスト達が入選となりました。

 もちろん、この10人以外にも本当に素晴らしいピアニストがたくさんいた今大会。アーカイヴで彼らの演奏を全て(予備予選も)聴く事が出来ます。

https://m.youtube.com/channel/UCSTXol20Q01Uj-U5Yp3IqFg

 次のショパンコンクールは2020年。遠い話ですが興味のある方には、実際にワルシャワでお聴きになる事をおすすめします。生で聴くと、興奮と感動が桁違いですよ。


高橋 多佳子  ピアニスト高橋多佳子の前を向いて歩こう  コラム一覧>>
ライフスタイル
癒しの時間の大切さ
おすすめのコラム
ライフスタイル
人生の折り返し地点 まだ?もう?
吉田 美智子
ユング派心理臨床家・…
はこにわサロン東京
ライフスタイル
玉虫色が織りなす心模様
賀陽 輝代
ライフスタイルコーデ…
ワールド・チルドレン…
コラムのジャンル一覧
 


■ 箱庭セラピー

■ ご利用ガイド



■ Special Thanks


一般社団法人 日本アドボカシー協会


プロフェッショナル談


谷本有香氏HP

 

 



HOME