HOME  前のページへ戻る

河野 真杞 スポーツキッズコミュニケーター i-colorカウンセラー
子どもが生まれ持った素質は十人十色。親とは違うわが子の素質や志向タイプを見つけ、最適なコミュニケーション方法で子どものやる気と個性を伸ばしていきましょう。違いに気づくと親子関係がより快適になりますよ♪
わが子のキラリ☆を発見しよう! 育児・子育て 2015-07-10
夏休みは子どものやる気ポイントを見つける絶好のチャンス!

こんにちは。子どものやる気と自己肯定感アップをお手伝いしておりますスポーツキッズコミュニケーターの河野真杞です。
あと2週間もすると子ども達の夏休みがスタート。夏休みはワンデーイベントやキャンプ等、数多くの子ども向けイベントが企画されています。夏期講習など勉強の予定がビッチリのお子さんもいるようですが、この時期は子どものやる気ポイントをみつけるには絶好のチャンスです。是非忙しいスケジュールの合間を縫ってでも、普段出来ない体験をさせてあげましょう!

「でも我が子にどんなイベントが向いているのかわからない」と悩んでいるママさんも多い事でしょう。そこで今回は、夏休みのイベントの選び方や参加を促す声かけ法について、i-color(生まれ持った価値観や志向性を判断する統計ツール)をもとにお子さんを3つのタイプに分けてご案内します。
 

【タイプ1:心許せる友達と一緒に行動したいタイプ】

お初の場所では緊張してしまい自分らしさを発揮しにくい人見知りタイプ。彼らが夏休みのイベントを満喫するには、仲良しのお友達や家族と一緒に楽しめる事が必須条件です。子ども限定のイベントだけでなく、親子で一緒に参加できるイベントも探してみて下さい。
「一緒にやったら楽しそうだね!」という声かけが、彼らの不安を取り除きやる気を引き出します。新しいスポーツに挑戦するなら、個人競技より皆で心をひとつにして頑張れる団体競技をオススメします。
また、このタイプをi-colorでは発案グループと呼んでいます。新しいものを考え出す発想力に長けている子が多いようです。工作教室を選ぶなら、完成の形がある程度決まっているものより、使う材料も何を作るかも全て自由に決められる方が興味を持って楽しく参加できるでしょう。でも1人では寂しく感じるタイプですのでお友達と一緒に参加させる事だけはお忘れなく♪

 

【タイプ2:興味があれば1人でもマイペースに楽しめるタイプ】

2つめは、周りの環境が変わってもいつも通りに行動できる我が道を進むタイプ。前述のタイプとは大きく違いますね。このタイプのお子さんは、自分が興味のある内容であれば1人で申し込んでも充分に楽しめます。親が帯同しないサマーキャンプや自然探検など、夏休みならではの普段出来ない体験型イベントに挑戦させてあげて下さい。また、団体行動を強いられるものより1人で考えて行動できるイベントの方が興味を持つでしょう。新たなスポーツに挑戦するならまさに個人競技向きです。
i-colorではこのタイプを表現グループと呼んでいます。自分が頑張った結果を形に表現して残す事に興味や達成感を持ちますので、自分1人で制作したものを持ち帰れる手作り体験もオススメです。実際に役立つものも大好きですので、その作品が家に飾るだけでなく自宅で便利に使えるものなら一層お子さんのやる気スイッチが入るでしょう。

 

【タイプ3:自分がピンと来たものに取り組みたいタイプ】

3つめは、頭の回転が速く自分の直感とセンスで物事を判断するタイプ。未来の大きな世界に興味関心の強いタイプでi-colorでは展開グループと呼んでいます。小学生の頃から「将来は世界で活躍したい!」と発言する子にこのタイプが多いです。
そんな彼らが興味を示すジャンルを絞るのはなかなかの難題です。なぜなら、やるかやらないかはその時ピンと来たかどうかで決める直感思考だから。
そこで、こんなタイプのお子さんにはジャンルを問わず様々なイベントを押しつける事なくサラッと伝え、やるかどうかの決断は本人の意思に任せましょう。気分が変わりやすいのもこのタイプの特徴ですので、一度は興味を示さなくても時間がたってからまた誘うと今度は乗り気になる事も。諦めずにタイミングをはかって何度か誘ってみましょう
また、彼らが尊敬している先生やコーチから勧められるとすんなり聞き入れる事が多いのでお試しください。
声かけポイントとしては「これ少し上の学年向けだけどあなたなら出来るかと思って」という具合に、このタイプの子の能力を認めて持ち上げた言い方をすると、気分良く「どれどれ見せて」と興味を示す可能性大です(^^)

 

『本気になれるもの』が子どもを伸ばす➚

子どものタイプによってやる気のくすぐりポイントは違います。そして子どもの脳が最も成長するのは、子どもが本気になれるものに全力で取り組んでいる時だと言われています。
この夏休みに
お子さんが本気で夢中になれるものを見つけられますように♪


河野 真杞  わが子のキラリ☆を発見しよう!  コラム一覧>>
おすすめのコラム
育児・子育て
パートナーシップを育むための “くだもの時間”
井上 ゆき
フリーランスライター…
一般社団法人日本伝統…
育児・子育て
ママがゆっくりできた森のようちえん
井上 ゆき
フリーランスライター…
一般社団法人日本伝統…
育児・子育て
保育園なしで働く、意外といいことだらけです
井上 ゆき
フリーランスライター…
一般社団法人日本伝統…
コラムのジャンル一覧