HOME  前のページへ戻る

内藤 由貴子 カラー&心理セラピスト、フラワーフォトセラピスト フラワーフォトセラピー協会
忙しくて目の前の仕事を追ううちに、自分が何を感じどう生きたいのかわからなくなっていませんか。心理学と色の言葉をつなげる心理・カラーセラピストとして、約15年間、主にワーキングウーマンのご相談にのってきました。色を知って自分に還り「私色」を生きる方法をお伝えしていきましょう。
あなたのこころの声に耳をすましませんか? 色を知って「私色」を生きる方法 メンタルカウンセリング 2015-06-18
心理セラピーを受けることとカレーの鍋はよく似てる

自分のこころに向き合うこととカレーの鍋は、よく似ていると思います。

始めのうちは、カレーは辛くても、口においしくスパイシーで刺激的。その刺激的な辛さを求め、食べ続けた結果、当然、鍋にカレーは無くなります。

自分のこころに向き合おうとセラピーを受けるうちに、自分が目を向けなかったことに気付く瞬間は、ピリッと刺激的。その気付きが解放を呼び、こころが楽になる、自分が変わる、自信がつく。そんなふうになるならば、自分が持っていた「おいしさ」を味わえます。

 ただ、もっと似ているのは、カレーを食べつくした時と、心の奥にもう向き合うべきものが見当たらないと思った時。もちろん、満腹ならば結構だし、心の奥底まで解放ができたなら、それだけで価値あることには違いありません。でも、そこで「ゴール」にしてしまうのは、あまりにももったいないのです。

なぜなら、カレーの鍋の底も、こころの奥底も、のぞけばまだ何か残っていることに気付くはず。

鍋の内側にはへばりついたカレーが残っていて、洗おうすれば、にゅるっとします。それは嫌だとフタをして、放っておけば、鍋のかすは少量でもいたみます。放置した鍋は、怖くてフタをあけられません。

こころの内も、浄化すべきものがないようだけれど、実はフタをして見ないようにしただけ。まだ、かすが残っているのです。そして、それが何か悪さをしそうです。

 そうだとすれば、セラピーに使った時間とお金は、何のためだったのでしょう。

 時にいろいろなセラピーに興味を持ち、それぞれ体験して「素晴らしかった!」、「こんな風に変われた!」と語る人がいます。しかし、少し奇妙なことに気付きます。

なぜ、癒されたはずなのに、まだセラピー巡りをしているのでしょう。もちろんご自身の成長に伴って、新たな課題が浮上します。その対応なら、良い選択ですが…

 もしも、セラピーが生かされていないのなら、惜しいですね。

生かすとは、たとえば、新しいことに踏み出す一歩が怖い… という人なら、その怖れが取れれば、新しい一歩を踏み出せているはず。しかし、新しいことへの一歩ではなく、踏み出したのは、新しいセラピー。新製品の洗剤を買ってくれば、カレーの鍋が自動的にきれいになると錯覚しているようなものです。

 カレーの鍋底。こころでは、自分と向き合って、向き合って… というように、どんどんさらってなお奥に潜むもの。それは全部きれいにするには、一番厄介なものです。心理学で言う「シャドウ=影」という見たくないので、こころの奥に押し込んだものです。それこそがカレーの鍋にフタして見ないようにしたものです。

そんな鍋を洗いたくないという抵抗が起こります。「抵抗」は心理学用語でもあって、ひどい(と自分が思っている)自分を見たくないためにそれを認めないことで、自分を守っているのです。

 でも、それでは鍋の奥が、とんでもないことになっていそう。さらに怖くなります。

賢明なあなたなら、「カレー鍋の汚れは、とりあえず水に浸けておけば、はがれてくるんじゃない?」と思うかもしれません。正解!さらに、少し時間も加えるといいでしょう。

 では、こころにとって、汚れをはがす水に当たるのは何でしょう?それは、思いやりであり、理解なのです。どんな汚れがはがれても、受け容れてわかってくれる誰かです。

そこまで向き合うことをサポートしたセラピストなら、その役割をするでしょう。というより、鍋の底に至るまでも、水はときどき与えていたはずです。カレーが辛過ぎれば、水を飲むのを勧めるように。カレーがかたまってくれば、ゆるめるように。

 実は、最後にへばりついたカレーとはいえ、今まで向き合ってきたものと、そんなに大差ないのです。だって、へばりついたとはいえ同じカレーには違いないし、向き合えなかったために、少し傷んだだけですから。

 そして理解というお水がいっしょになれば、ゆるんできちんと対応できるはず。

私は、セラピストとして、クライアントの皆さまの心の奥底までお付き合いしています。奥底の正体がわかれば「自分がとんでもないものを抱えている」のではなく、客観的に自分を見て、自分を認められる人がほとんどです。それがご自身の価値に気付く機会になります。

このプロセスには、私は花の写真を使って行います。受容的にその人の感情を表現してくれるからです。花の写真もお水の役割をします。汚れを落とすのは、そんなに辛いことではありません。

シャドウには、ほとんどの人が無自覚に抵抗します。だからこそ、他者からの視点が必要。最後の砦を超えるまで、ぜひ、セラピストを、使って下さいね。

*写真のバラの色、オレンジからゴールドは「あなたの存在価値に気付く時を待っています」と伝えています。その気付きは、見なかった暗い奥に光を当てることから始まります。(写真はセラピー用のものではありません)


内藤 由貴子  あなたのこころの声に耳をすましませんか? 色を知って「私色」を生きる方法  コラム一覧>>
メンタルカウンセリング
あなたは悪くない、そして親も悪くない
おすすめのコラム
メンタルカウンセリング
本当にやりたいこと、ハッピーキャリアを見つけるヒント3つ
髙橋 雅美
臨床心理士
ハッピーハート コン…
メンタルカウンセリング
あなたをコントロールする罠にご注意!価値下げ発言対処法
髙橋 雅美
臨床心理士
ハッピーハート コン…
メンタルカウンセリング
イライラや怒りをうまくコントロールする秘訣 とは
髙橋 雅美
臨床心理士
ハッピーハート コン…
コラムのジャンル一覧