HOME  前のページへ戻る

おの ともこ キャリアコーチ キャリアコーチング
30代・40代の働く女性を応援! 自分らしさを活かした、理想のキャリア実現のヒントをお届けします。
心からの笑顔で、仕事も人生も楽しむ方法 起業・独立 2017-02-03
フリーランス起業・3つの心得

フリーランスとして独立して、振り返るともうすぐ2年が過ぎようとしています。

最近では、私と同じように「独立・起業したい」という女性のサポートをするようになり、相談に乗る機会も増えてきました。

フリーランスとしてビジネスを立ち上げ、軌道に乗せるに至るまで。

今日は、これまでの私自身の経験から、大切だと感じたことをご紹介したいと思います。

 


① ”志”と熱意を持つ

 

フリーランスとして独立する一歩を踏み出すにあたって、一番大切なのは、

「何のために独立するのか?」

「個人のビジネスを通して、どんな人に何を伝え、何を成し遂げるのか?」

こういった”想い”や”志”ではないかと、私は思います。


周りを見ていても、独立当初からビジネスの全てがうまく行くというケースはかなり少ないように感じます。

お客様となかなか出会えなかったり、ビジネスの方向性に悩んだり・・・むしろ焦ったり挫折感を味わう場面の方が多いかもしれません。

そんな時も、一歩づつでも前に進めるのは、その先に目指す世界や達成したいことがあるから。

そして、自分の中に、そこに向かう必要性や理由があるからこそ、だと思います。


特に、迷った時・悩んだ時に、いつも立ち戻れる原体験を持つ人は強いです。

それが原動力となり、困難に立ち向かうことも、壁を乗り越えることもできるからです。

 

独立・起業を思い立った時には、そういった原体験からのストーリーをもとに

「なぜ、独立・起業をする必要があるのか?」

「ビジネスを通じて、つくり上げたい世界観は何か」


ということを、周りの人にアウトプットするのがおすすめです。

言葉にすることではじめて、志や熱意は人に伝わりますし、磨きがかかっていくものであると、私自身も実感しています。

 


② マーケット感覚とお客様視点で、ニーズをつかむ


個人・企業を問わず、どんな事業でも当たり前の大前提ですが、ビジネスは”お客様”がいて初めて成り立ちます。

①のように熱意や志があったとしても、それを必要としてくださるお客様がいなければ、当然売上はゼロです。

ですから、お客様の要望や潜在的な欲求を汲み取り、それに対応できるサービスを提供していくことが必要不可欠なのです。


個人で仕事をしていると、自己の言動や発信がお客様の目にはどのように映り、何を感じさせ、マーケットにどのような影響を与えているのか?

フィードバックをくれる存在が、いつも身近にいる訳ではありません。誰からの指示もアドバイスもありません。

どうしても、自分ひとりの感覚や価値観で物事を進めてしまいがちです。


だからこそ、想いを持って発信することはもちろん、それはお客様の立場ではどう感じるのか?そもそも、必要とされていることなのか?

マーケット感覚とお客様視点を持って、自分自身の活動を客観視することを、より意識する必要があるのです。


自分の内から湧きあがる情熱と、相手の立場に立った冷静さ。

そのバランスも大切ではないかと、私は思います。

 


③ 「自由」と「自己責任」をどちらも受け容れる

 

フリーランスで仕事をする以上、


どのようなビジョンを描き、目標を掲げ、計画を立てるか?

どのくらい休み、どんな場所で誰と一緒に、どんな働き方で仕事をするか?

どんなライフスタイルをデザインし、どのように暮らすのか?


これらを、全て自由に設計することができます。


極端な話、朝何時に起きても良いし、ずっと自宅で仕事をしても良いし、週に1日働くだけでも良いのです。

ただし、その働き方で得られる成果・結果は、自分の選択と決断によって導き出されたものである。

と、引き受けることも同時に求められます。


つまり、”自由”と”自己責任”は、常に隣り合わせのものであり、切っても切り離せない関係なのですね。


もちろん、会社組織の中でも、ある程度は自分の選択と決断で得られるものが変わってくるとは思いますが、

フリーランスの場合は、外部からの規定というものが存在しないに等しいため、その影響がよりダイレクトであることを感じます。

また、より一層セルフコントロール力が問われる状況であると思います。


独立・起業前は、フリーランスと言えば、おしゃれなカフェでのんびり優雅に仕事をしているイメージであるかもしれません。

しかし、それを実現するためには、しかるべきプロセスを経る必要があり、その選択と決断は全て自分自身にかかっているのです。


大切なのは、”自己責任”の意味を深く理解して行動しながら、自らの手で”自由”を実現していくこと。

そしてそのどちらも、やりがいを持って楽しむことなのではないかな、と思います。

 


 

いかがでしたでしょうか?


約2年間のフリーランス生活を振り返り、本当に大切だなぁと感じるポイントを3つ、心得としてご紹介しました。

私自身もまだまだ成長過程ですが、今素直に感じていることです。


この2年を振り返ると、もちろん大変だったことや辛いと感じた時期もありました。

ですが、それ以上に「本当にこの仕事をやっていて良かった!」と、心の底からの感動や喜びを感じられたことの方が、印象的に思い出されます。


ほんの数年前までは「私の人生なんてこんなもの」と、半ば諦めながら生きていた私でしたが、

人の期待に応えるために頑張り過ぎてメンタルダウンしてしまった経験を経て、気づいたこと・学んだことを人のために役立てられたらと思うようになりました。


心理学やコーチングを学んで「キャリアコーチ」として独立してから、独立起業支援をしている今に至るまで、ずっと変わらない想いは・・・

自分の理想の未来を自由に描き、それを自分自身を生かして、自分の力で実現できる女性を応援したい!!

ということ。

これからも、きっとその根底は変わらないと思います。

 

振り返れば実に21ヶ月も、この東京ウーマン・コラムを書かせていただいてきましたが、実は今回がその最終回となります。

その間、私の活動内容もどんどん変化してきましたが、その時々で大切だと感じたことを綴らせていただき、反響をいただけたことが励みになりました。

これまでお読みくださっていた読者の皆さまに、心より感謝いたします。

これからも、頑張り屋さんの女性が、仕事も人生も心からの笑顔で楽しめるように、21記事のコラムが少しでもお役に立てたら幸いです。

 

今まで、どうもありがとうございました。

また、どこかでお会いできることを、楽しみにしています!


おの ともこ  心からの笑顔で、仕事も人生も楽しむ方法  コラム一覧>>
おすすめのコラム
趣味・カルチャー
古典落語de「親切心が仇になる」
濱野 裕貴子
キャリアカウンセラー…
笑門来福
コラムのジャンル一覧
 


■ ご利用ガイド

■ 箱庭セラピー



■ Special Thanks


一般社団法人 日本アドボカシー協会


プロフェッショナル談


谷本有香氏HP

 

 



HOME