HOME  前のページへ戻る

おの ともこ キャリアコーチ キャリアコーチング
30代・40代の働く女性を応援! 自分らしさを活かした、理想のキャリア実現のヒントをお届けします。
心からの笑顔で、仕事も人生も楽しむ方法 メンタルカウンセリング 2015-09-04
「断り上手」でストレスフリーになる3つのポイント

「断り上手」を目指そう!

人からお願いされると断れずについつい引き受けてしまうこと、ありますよね。

でも頼まれたことが無事終わってからも、なんだか自分の気持ちがモヤモヤしていませんか?

自分の気持ちを押し殺して相手の意向に合わせ過ぎてしまうと、気づかないうちにストレスが溜まってしまいます。

相手はまさかそんなストレスがあるとも知らずに、あなたなら何でも引き受けてくれる!と悪気なく次々に依頼してくることも。

そしてキャパシティオーバーになって引き受けたはずのことが出来なくなると、結果的に相手に迷惑をかけてしまうこともあります。

自分を大切にしながら相手も尊重し、上手にNO!を言えるようになりましょう。

そのための3つのポイントをご紹介します。


①自分の中で絶対に譲れない・守りたいことを明確にする

過去に渋々引き受けてしまい、後悔したり自分を犠牲にしたような感覚があれば、それはなぜか考えてみましょう。

例えば・・・

・定時に切り上げるつもりだったのに、ついつい残業を引き受けてしまった

・休日出勤しなければ終わらない仕事を引き継いでしまい、週末を半分つぶしてしまった

振り返って考えてみると、本当は家族や恋人とのオフタイム・心からリラックスできる休日を過ごしたい!と思っていたのかもしれませんね。

引き受けた時の心の奥のモヤモヤ、ザワザワした感覚を見逃さないことも大切です。


②自分的ボーダーラインを明確にする

①から、どんなに忙しくてもこれだけは譲れない!という自分的ボーダーラインをまず明確にすることが大切です。

例えば・・・

・〇曜日は家族や恋人と過ごすオフタイムを確保する

・週末は気持ちを切り替えるためにも、2日間完全休養する

このようなボーダーラインを自分でも意識しておくと、急なキラーパスにも対応しやすくなり、NOが言いやすくなるはず。

もちろんただ単に自己主張のみを通そうとするのではなく、これを守れるよう例えば仕事の段取りなど、日頃の行動を工夫することも必要です。

自分自身を大切にしながら、相手のことも思いやることで、スムーズなコミュニケーションが生まれます。


③相手も受け取りやすいよう上手に断る

自分が守りたいボーダーラインを明確に持っておき、それを超えそうな依頼を受けたら、「NO!」と一方的に突っぱねるのではなく相手が受け取りやすいよう、伝え方も工夫しましょう。

ここは譲れない、でもここまでならOK!と代替の提案を交えた断り方がおすすめです。

例えば・・・

・今日は予定があるので難しいですが、明日の朝ならこの案件だけは対応可能です。いかがでしょうか?

自分にできる範囲の中で、相手の要望に応えられるような提案があれば、相手も受け容れやすくなりますね。

もしそれでもどうしても無理な時は、誠意をもって謝罪しましょう。


「私がやらなければ無理に違いない」と思っていたことでも、相手が他の人に依頼するなど、意外にうまく回ることも多々あります。

自分の気持ちには正直に、かつ相手に対して誠実に対応すると良いですね。


最後に・・・

自分的ボーダーラインを守って断り上手になると、ストレスが溜まりにくくなり、結果的に仕事のパフォーマンスも上がります。

そして、あなたがいつも一定の基準を持って対応していることが分かると、相手も無茶なお願いはしてこなくなるものです。

自分も相手も気分よくスムーズに仕事ができる「断り上手」を目指しましょう!


おの ともこ  心からの笑顔で、仕事も人生も楽しむ方法  コラム一覧>>
おすすめのコラム
メンタルカウンセリング
本当にやりたいこと、ハッピーキャリアを見つけるヒント3つ
髙橋 雅美
臨床心理士
ハッピーハート コン…
メンタルカウンセリング
赦してほしい!あなたのために…
内藤 由貴子
カラー&心理セラピス…
フラワーフォトセラピ…
メンタルカウンセリング
あなたをコントロールする罠にご注意!価値下げ発言対処法
髙橋 雅美
臨床心理士
ハッピーハート コン…
コラムのジャンル一覧