HOME  前のページへ戻る

滝澤 十詩子 歌人 こころカンパニー
このコラムは短歌についてと歌人十詩子の日常を感じるままを書いているコラムです。短歌に対するむずかしい印象や高い敷居がなくなっていくと思います。あなたの人生が豊かで実り多いものでありますように。
東京女子ほっこり短歌 趣味・カルチャー 2014-10-13
短歌を1ヶ月毎日詠んでみた

みなさん、こんにちは。

実は、Facebookで1ヶ月短歌マラソンをやってみたんです。

毎日一首(もしくは575の俳句一句でも可)
写真と一緒に短歌をアップしていました。

短歌は好きだけど、
もちろん詠む日も詠まない日もあるので、
連続で詠んでみようと思ったのです。

習慣にしたい行動があるときに
まずは1ヶ月やることを目指しましょう
なんてことを聞いたことがありませんか?

1ヶ月短歌詠み続けたら何か変化があるんじゃないか!!!

というミーハー心でやってみました。
短歌を習慣にしたいわけじゃなかったんですが(笑)
だって、普段からわりと詠むからね。
でも何か変化があるというならちょっとやってみたい。
そんなわけで、挑戦したのでした。

短歌が浮かばない日も短歌を絞り出すので、
今まで感情のままに詠んでいた私にとってはつらいこともあったけど、
毎日詠むとちょっとした変化があったなと思ったので、ご報告します。

実は終わった直後は
「なーんだ。特に変化ないな」と思って、
「ちぇ」とか言いながら、道端の石を蹴りたくなるような気持ちに
なったりしていましたが(昭和ですねw)、

今、思い返すと、その期間は不思議な現象が起こっていたと思います。

絵を描きたくなって、絵具と筆を買って描いてみたり、
やっぱり短歌と写真は一緒に掲載するとかっこいいから、
カメラをやってみたいなと意欲が湧いて来たり、

どうやったら短歌に対する心の敷居が下がるのかなあとか、
みんな日常的に詠んだりできるかなあとか、
こうやって伝えてみたらどうだろう

というようなアイデアが
頭の中でずっと浮かび続けたりしていたのです。

毎晩、ほんの5分、今日はどんな気持ちを歌にしようかなと、
どんな写真と一緒にあげようか、そんなことを考えるだけだったけど、
そんな心の変化があって、気づいたのは、

短歌を詠み続けていたことで、
クリエイティブに脳が働き続けてくれて、エネルギーになっていたなということ。

好きなことは脳の働きを活性化させるのかもしれません。

そして、もう一つ。
自分では何の気なしに詠んだ短歌が思いのほか反応があったり、
うんうんと悩みながら詠んで「なんか季節感あっていいんじゃない?」と思った短歌が、
全く反応わるかったり(笑)

「どうだ!」と自分の優秀性をアピールしたい的な短歌はやっぱりウケが悪いなと
改めて認識しています。

ちなみに、この歌が、「どうだ!」と思ってあげた歌。

秋雨がわたしの心をしとしとさせてしまって 鈴虫がなく

秋雨を涙にたとえ、鈴虫が鳴くのと、自分が泣くのもかかってるし!
よし!って、意気込んであげたんですけどね。
びっくりするくらい反応が薄かったです(笑)
むしろ友人に「なんかあったの?」って心配されてしまいました…。
「いや、どうだ!って思ってた」なんて言えないですよね…。

そして、
「今日これしか短歌浮かばなかったけどくだらないなあ、まあでも仕方ないか。」
と思って、写真もつけずにあげた短歌がこれです。

あ、チーク、塗り忘れてる。ま、いいか。 急いで走ってほてってるから

さっきの鈴虫の数倍の速さで、2倍のいいねをつけました。
いいねの数が全てではないですけど、その速さがね、ほんとに速かったの(笑)

ちょっとしたことでしたが、これって恐らくいろんな場面でも言えると思うのです。
自分の優秀性をアピールしようとしている仕事ってやっぱりどこかで評判が悪い。
どうしても「私すごいでしょ」っていうエネルギーが出てしまうし、
知らずに相手にいい印象を与えていないことが多いと思う。

でも、「これがあなたの役に立つと思う。いいと思う。」という心からの思いがあると、
びっくりするくらい口下手でも受け入れてもらえたり。

やはり自分の持っているエネルギーがまわりの世界を作っているのではと思うのです。

いや、チークの短歌、そんな強い思いじゃないでしょうよ!とお思いになるかもしれませんが、
心からの言葉なんです。飾らない女心です!(キリ!)

さて、秋も深まるこの季節、
みなさんも、好きなことを1ヶ月続けてみませんか?

(最後、きれいに秋でまとめたぜ、どや!と思ってしまいました。まだまだですね…


十詩子

 

 


滝澤 十詩子  東京女子ほっこり短歌  コラム一覧>>
趣味・カルチャー
短歌を1ヶ月毎日詠んでみた
おすすめのコラム
趣味・カルチャー
古典落語de「こんな花見は嫌だ!」
濱野 裕貴子
キャリアカウンセラー…
笑門来福
趣味・カルチャー
落語家さんに学ぶ、面接必勝法!
濱野 裕貴子
キャリアカウンセラー…
笑門来福
趣味・カルチャー
古典落語de「お江戸のイクメン」
濱野 裕貴子
キャリアカウンセラー…
笑門来福
コラムのジャンル一覧