HOME  前のページへ戻る

滝澤 十詩子 歌人 こころカンパニー
このコラムは短歌についてと歌人十詩子の日常を感じるままを書いているコラムです。短歌に対するむずかしい印象や高い敷居がなくなっていくと思います。あなたの人生が豊かで実り多いものでありますように。
東京女子ほっこり短歌 趣味・カルチャー 2014-02-10
もう2月だけど、今年の目標って決めた?

1月が終わり、もう2月ですね。
少し遅い質問ですが、今年の目標ってみなさん決めました?

「もちろん決めてるさ!」という方もいるでしょうし、「まだ決めてない!!」という方もいらっしゃるでしょう。もしくは、「え?目標ってみんな決めてるの??」って方もいらっしゃるでしょうね。

ちなみに、わたしは長らく一番最後の「へ?目標?」っていうタイプでした(笑)決めちゃうことで逆に可能性が狭まる気がしてしまって、何となくぴんと来なかったんですね。今思えば、規則やら目標やら、そういう言葉の決めごとに縛られることがすっごくいやだったんだなってわかるけど、その当時は、もう「目標を決めないのが自分であり、それが自然だ」って思いこんでいたので、かたくなに拒否していたのを懐かしく思い出します。

みなさんは、目標と聞くとどんな印象があるでしょう?
目標と聞くと「何となく嫌だ」という感覚になる人もいれば、「わくわくして仕方ない」っていう人もいるでしょうね。

どんな人がいいとか、悪いとかではないと思うのです。そのときの自分にとっては、目標いやだ、もしくは、わくわくだ!というだけであって、どの人も、その人のタイミングで、ベストを尽くしているということなんだと思うのです。だから、目標は立ててもいいし、立てなくてもいいと思うのですが、はて、今年はわたしどうするのか?(笑)

ふと考えてみて、頭に浮かんだことがあって、それを目標にしました。

目標って未来志向なもので、「今年中に○○を達成する!!」というようなものが多いですが、わたしの思いついた目標は、過去志向なものでした。

「過去志向な目標ってなんだよ?」と思われるでしょう。私も「一体なんだこの目標」って正直ちょっぴり思ったのだけど、浮かんできたので仕方ないです。

このコラムで触れることになるかどうかわからないけど、ざっくり言うと、

わたしは自分のことをダメだダメだと思いすぎて、本来の自分を無視し続けて、まったく自分の素質とかけ離れた世界で生きるようになってしまってたんですね。

わたし本人は、頑張った成果だったからそこまでかけ離れてないだろうと思っていたけど、めっちゃ離れてたんですわ~(びっくりしすぎると普段使わない言葉を使いますw)。

で、短歌を詠み始めてみて、おずおずと「実はこんなことしてます」って外に発信し始めて気付いたのは、「ああ戻ってきてるな」ってことでした。本来の自分に。本来の自分の素質に近いと、人の共感も得やすいんですよね。どうしようもなく、しどろもどろなのに、勝手に相手が共感してくれたり、言えなかったことを言ってくれる人が現れたり。

自分のイベントの準備とかで夜中の2時までかかることもあったりしたのですが、あんまり苦じゃなかったり、むしろもっとこうしたほうがいいかなと資料眺めながら書き直しをその時間にし始めたりとかね。

「夜遅く働いても苦じゃありません!」っていう人に対して昔は「け。」って思ってましたけど(ごめんなさい…)、「あ、こういうことなのかなあ」って、ちょっとわかったりしたのです。

そんな自分を取り戻す短歌に戻れた私。大学時代に詠み始めた短歌にようやく戻ることができたわたし。

今年は、「高校時代にくらいに戻ろう」と思ってしまったわけです。

高校時代は音楽が好きで、バンドをしたくて(してなかったけど)、歌を歌いたいってずっと思ってた。家では大音量で歌ってた。家族の皆様申し訳なかったです。この場を借りて謝ります(笑)。今年は歌えたらいいなと思うのです。奇しくも、短歌も歌だし、音楽の歌も歌。言葉とそのリズム、言葉とのその音。それを大事にする自分の世界観に戻っていきたいと思う1年です。

ふとそんなことを思ったのでした。

 

みなさんはどんな1年にしたいですか?

もちろん、未来志向の目標は同様に大切で、自分の環境をより良くしたり、自分にない能力を身につけていったりするには必要だなあとは思っているので、そちらの目標については、また別途検討中です(笑)ただ、「本来の自分らしく生きる」という分野での目標は過去のわたしへ戻っていくことから始まるなあと感じています。

 

みなさんの1年が豊かで素晴らしいものでありますように。
 

限りなく 遠く遠くにきた道を 戻ってみるのも悪くないのね

歌人 十詩子





 


滝澤 十詩子  東京女子ほっこり短歌  コラム一覧>>
趣味・カルチャー
母とショーン
趣味・カルチャー
なんで短歌だったの?
おすすめのコラム
趣味・カルチャー
古典落語de「こんな花見は嫌だ!」
濱野 裕貴子
キャリアカウンセラー…
笑門来福
趣味・カルチャー
落語家さんに学ぶ、面接必勝法!
濱野 裕貴子
キャリアカウンセラー…
笑門来福
趣味・カルチャー
古典落語de「お江戸のイクメン」
濱野 裕貴子
キャリアカウンセラー…
笑門来福
コラムのジャンル一覧